パソコンをチェックしている女性

修理に出す

修理中

iPhoneは昔に比べてより故障しずらいものとなっています。故障でも特に多いのが画面割れなどの液晶にダメージが出るものだと思いますが、iPhoneはゴリラガラスを導入して以降、画面の耐久性を飛躍的に向上させました。しかし、ゴリラガラスでも画面へのダメージをすべて防げるわけではないですし、iPhoneはまだ防水にも対応していません。また、ボタンの故障やWiFiなどのアンテナ系の故障なども多くはないですが、発生する可能性もあります。画面へのダメージは自分で気を付けることもできますが、ボタンなどの故障は自分で気をつけてもどうにもならないものです。どんな頑丈なものでも故障はゼロではありませんし、使用年数が増えればそれだけ故障の可能性も高くなります。

故障の可能性をなくすことができなければ、故障はいつ起きてもおかしくないと思わなければなりません。故障したら修理に出す事になりますが、iPhone修理を出す際に気をつけなければならないのがデータの扱いです。公式サポートのiPhone修理はデータは必ず消去されます。大事なデータは常にバックアップなどしておくことが肝心です。また、クラウドサービスなどを活用することもデータの保存に役に立ちます。連絡先などを同期しておけば端末が変わっても同じものが使えますし、写真などもオンラインサービスにアップしておけばいつでもダウンロードできます。バックアップを取っていなくてどうしても無くしたくないデータがある場合は公式でないiPhone修理を受けましょう。データを消さずにiPhone修理を行ってくれるところもあります。

注目の記事